関西住宅販売のプレカット材とエンジニアウッド


関西住宅販売はプレカット材というのを使っています。
従来は大工が現場で製材を行いますが、
そうやって木材を削るとムラが発生する恐れがあります。
大工の腕前ごとに差が生じ、
完璧な家づくりを行うのが難しくなるのです。
1mm単位で木材を切るのは、熟練した職人でも難しいと言えます。
特に高い精度を求められるのは、接合部分です。
凹凸をしっかりと合わせるには、
この部分を1mm単位でしっかりと合わせる必要があるのです。

しかし関西住宅販売が採用している
プレカット材は大工が製材しません。
工場で全部切った状態で現場まで運ばれます。
コンピューター制御によって製材されるため、
その誤差はプラスマイナス0.5mm程度になります。
製材する分の作業代が浮くため、
結果的に安く建てることが可能なのです。
また、手でやるよりも1.2倍の強度を持ちます。

また、プレカット材のほかに、
関西住宅販売はエンジニアウッドというものを採用しています。
これは2つ以上の木材を組み合わせたものになります。
そもそも一本の樹から取ると、
どうしてもムラや反りが発生してしまいます。
どんな樹にも癖というものが存在し、長年使用していくと、
曲がってくることもあるのです。
その歪みを最小限に抑えるために、
各バラつきを適切になるように
組み合わせたものがエンジニアウッドになります。

一本の木材の方が強いイメージがあるかもしれませんが、
しっかりと適切に組み合わせた木材もまた、
かなりの強固さを持ちます。
エンジニアウッドは白アリにも火災にも強く、
品質も安定しています。
各種試験もしっかりと通貨していますので、
その安全性は折り紙つきです。
関西住宅販売はプレカット材と
エンジニアウッドの2つの方法を同時に用いることで、
より強固な木材を安く使うことを可能にしたのです。

良い家が欲しい方は関西住宅販売を検討するのはいかがでしょうか。
揺れに非常に強い工法で建てていますので、
震度7の地震が来ても大丈夫だと思いますよ。