関西住宅販売の定期訪問


お客が家に最も望む条件は、安心です。
どんなに安くてどんなに住みやすい家でも、
危険な家には住みたくないものです。
また、いくら安い家だからと言って、
たびたび修理が必要なら、結局はお金が掛かります。
住宅の故障は早めに見つければ、
修理に必要な金額が安くなりますので、
故障をいち早く見つける為にも定期的な検査が望まれます。

関西住宅販売の注文住宅は、
メンテナンス担当のスタッフが定期的に訪問して検査を行っています。
注文住宅は個別に設計図から作っていますので、
大量生産の既製品とは違ったミスが発生するかもしれません。
それゆえ、関西住宅販売は1ヶ月・6ヶ月・
1年・2年・5年・10年の計6回の定期訪問を実施しています。

最初の1ヶ月では、本当に済みやすい家なのかどうかを確認します。
動線が適切か、ドアの配置に違和感はないか、照明の明るさは大丈夫か。
そういった実際に住んでみないと分からないようなことを関西住宅販売が確認します。
次の6ヶ月目では、水回りや電気周りの故障を確認します。
通常は6ヶ月使っただけは壊れないものですが、
万が一ということもありますので、
そうしたライフスタイルに関わる重要なポイントをチェックしていきます。
そして、1年が経過した頃に、家全体の内装・外装のチェックをします。
天井が剥がれていないか、クロスは大丈夫かなど、細かい部分を見ていきます。
2年目も5年目も10年目も、そんな感じに細かくチェックしていきます。

必要に応じて、関西住宅販売はリフォームも実施しています。
子供の成長は早く、それに合わせて住宅の方も改築した方が、
住みやすくなるというものです。